サプリミテッドはサプリメントの紹介サイトです

トップページ > フコイダン

 

フコイダン

フコイダンとは?

 

フコイダン (fucoidan) とは、コンブ、ワカメ、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる硫酸多糖の一種である。また類似の物質はナマコなどの動物からも見つかっている。

主に L-フコースがα1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物で、平均分子量は約20,000である。

グルクロン酸を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分けられる。1913年にスウェーデンの科学者でウプサラ大学の H・Z・キリンによって発見された。

1970年代より盛んに研究されるようになり、1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになった。

 

2002年にはフランスの科学者による研究で、F-フコイダンがウサギの細胞の過形成を抑制することが明らかとなった。また2005年の慶應義塾大学の木崎昌弘らの研究により、F-フコイダンが人間の悪性リンパ腫の細胞にアポトーシスを起こさせることが発見された。

「肝機能を改善する」「血圧の上昇を抑える」「抗菌作用がある」「アレルギーを抑える」「コレステロールを下げる」「ガンによい」などの俗説があるが、科学的な十分なデータは不足している。

 


フコイダンの免疫力増強作用

フコイダンに注目されている効果・作用のひとつとして、衰えた免疫力を増強させる作用のあることが、医学分野や薬学分野における多くの研究によって報告されており、またそのことを実証するような豊富な症例も増えつつあります。

 昨今の健康に関する話題のなかで、この『免疫』という言葉が頻出する傾向にあります。免疫力(または免疫システム)とは、もともと私たち自身に備わっている重要な仕組みのひとつであり、外界から侵入してくる病原菌やウィルスなどの異物を識別し、これらを排除・無力化してくれるシステムのことをいいます。

 この免疫力は元来個人差があるものです。同じウィルスや病原菌が体内に侵入しても、発病などの悪影響がでる人とそうでない人がいるのはこのためです。また、同じ人でも、日々の体調によって免疫力が弱まったり強まったりと常に一定ではありません。この本来備わっている免疫力を高めることや維持することは、様々な疾患から自分自身を守り、健康な生活を送るうえで非常に大切なことです。

 免疫力という力を維持・増強させることによって、さまざまな疾病を未然に予防したり、症状の改善を図るという意味があります。

 フコイダンによって免疫力が高まる作用機序を簡単に説明すれば、主役となるNK(ナチュラルキラー)細胞のほかに、マクロファージやT細胞などといった免疫を司る細胞を刺激して活性化させ(数を増やし)、異物に対する攻撃力を高める、ということになります。その結果、人体の抵抗力が向上することになります。

フコイダンの抗がん作用・抗腫瘍作用

フコイダンの効果や効能については、多くのことが確認されてきていますが、今なお多くの医学者や専門家、大学や民間の研究機関により詳細な研究が進められているところです。その中でも特に注目・期待されているのが、フコイダンの持つ抗がん・抗腫瘍作用です。これまでに、多くの研究者の手によって数々の研究・実験が行われており、ガン細胞が消滅したり、縮小している事例が報告されています。

 癌、つまり悪性新生物は、1981年以降のわが国日本において、死亡原因の第一位となっている疾患であり、毎年30万人を超える方々がその尊い命を奪われています。癌に対する治療法は現在のところ、外科療法(外科手術による病巣の切除)、化学療法(抗がん剤の使用)、放射線療法(放射線で病巣部にダメージを与える)の3つを柱に行われています。

 こうした治療によって、これまでに多くの人の命が救われているのは、紛れも無い事実です。しかし、外科手術にはガンができた臓器や部位によっては、障害などの後遺症が残る懸念が少なくありません。また化学療法や放射線療法においては、ガン細胞以外の健全な細胞にも影響を与えることになるため、様々な精神的・肉体的苦痛といった副作用以外にも、場合によっては大切な骨髄の働きまでも抑制し、逆にガンと闘う免疫力が低下してしまうという問題が指摘されています。先端の医療技術をもってしても、完全には克服しきれないのがガン治療の難しさです。

 こうしたなか、現代西洋医学に完全に依存しない治療法である「代替医療」が、一部では見直されるようになってきています。しかし、科学的根拠に基づいた西洋医学の替わりに、または西洋医学を補うものとして、健康食品などを使った代替医療を導入する医師・医療機関はまだまだ限られているのが現状です。「代替医療は科学的根拠が少ない」と、導入に消極的であるのが実情なのです。しかしながら、フコイダンが有する大きな可能性に着目し、数々の臨床実績を蓄積している医療機関が、わが国日本においても存在しています。

 注目されているフコイダンの抗ガン作用・抗腫瘍作用ですが、それはガン細胞に直接働きかけるということと免疫力を向上させること、といった複数の作用機序を持つことが特徴であるとされています。このフコイダンに特有の、がんに対する直接的・間接的な作用機序のことを専門的には、「アポトーシス作用」「免疫賦活作用」「血管新生抑制作用」といいます。これらの作用は、フコイダンの3大作用と呼ばれているものです。

フコイダンの抗酸化作用

 

フコイダンには、ビタミンEやC、β-カロテン、フラボノイドなどの色素成分などのように抗酸化作用、つまり活性酸素の攻撃を抑え込む効果のあることが明らかになっています。

 老化や、生活習慣病、ガンなどの発生メカニズムは、その全てが明らかになっているわけではありませんが、活性酸素が体内で作用することにより有害な過酸化物質が蓄積することが元凶であると考えられています。この活性酸素は反応性が極めて高いため、体内の遺伝子やタンパク質、脂質が酸化されることによって、様々な害をもたらすとされています。

 呼吸によって取り込まれた酸素の一部が、体内でエネルギーが産生される際に、活性酸素へと変化します。したがって、私たちが生きているかぎり、活性酸素との付き合いは逃れることの出来ない宿命となっています。

 私たちの体内では抗酸化に働く酵素、例えば「SOD(スーパーオキシド・ディスムターゼ)」や「グルタチオン・ペルオキシターゼ」などの酵素が存在し、活性酸素を無害化するなど、その役割を果たしています。しかし、これらの酵素の働きだけでは十分ではないため、栄養素として様々な抗酸化物質を外から摂取することが望まれているのです。

 フコイダンの持つ抗酸化作用の特徴は2点あります。まず、リポフスチン(過酸化脂質とタンパク質が結びつくことによってできる老化色素)が出来るのを防ぐ作用が強いということです。そしてもうひとつの特徴として、その物質としての「安定性」が挙げられています。

 
  抗酸化物質と呼ばれている一部のビタミンや色素物質は非常に不安定であり、自身が酸化されることで活性酸素の反応性を消去するよう働きます。このように酸化されてしまった抗酸化物質は、別の物質により還元されて大半は元の状態に戻りますが、その全てが元に戻るとは限らないのです。

 ということは、酸化された状態のままの抗酸化物質が、逆に人体に悪さを与えてしまうこともあるということになります。ところが、フコイダンはフコースと呼ばれる糖が主成分なので、分子量も大きく安定した状態で抗酸化能を発揮し続けるのではないかと考えられています。

 

         

フコイダンの効果・効能フコイダンの効果・効能は、大学や企業の研究者、医療機関などの基礎実験・動物実験や臨床実績データに基づき、多くのものが報告されています。その機能性は多岐に渡り、様々な分野への応用が期待されています。

 

pickup

BIGLOBE
http://www.biglobe.ne.jp/

Last update:2014/9/26

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) SuppLimited All Rights Reserved.

厳選リンク集